園児たちの活動をお伝えします。

« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

くじゃくを大切に育てています
2009年05月27日

高木保育園にくじゃく小屋ができて二対のくじゃくがやってきました。雄鳥は美しい羽を広げ、雌鳥に求愛行動をとっています。スナップ写真はその羽を広げた瞬間です!その大きさはなんと2メートルはありますよ。雌鳥は卵を6個大切にあたためています。5月18日になんと2羽の雛が生まれました!そして23日にはもう1羽生まれました。詳しい人にお話を聞くと、くじゃくが自然にふ化するのは非常にめずらしいことで、このご時勢に大変おめでたい出来事でした。つづきは次のスナップでご紹介します・・・
IMG_0945b.jpg

食育活動をはじめました!
2009年05月27日

今年度の食育活動は3歳以上から取り組むことになりました。年少のちゅうりっぷ組は「ミニトマト」、年中のすみれ組は「きゅうり」、年長のひまわり組は「なす」を植えました。現在はすでにきゅうりができています。そのうちミニトマトもすぐに赤い実をつけて給食に並ぶことでしょう。今は毎朝子どもたちが水やりをがんばっていますよ。大きく育つといいですね・・・
IMG_1003a.jpg

くじゃくの赤ちゃんが生まれました!
2009年05月27日

くじゃくの雌鳥が大切にあたためていた卵から、かわいい雛の誕生です!私たちもこの日を待ちわびていました。4月中旬から雌鳥のおなかで大切に育てられていました。今では小屋の中を元気に走り回っています。園児さんと同じように好奇心旺盛でとても冒険家なんですね。
高木保育園ではくじゃくを「幸せをよぶ鳥」と呼んでいます。昔から邪気を払うとして崇められているように、幸運を運んできてくれる鳥なのです。そのくじゃくは3羽の雛をかえして、これからあたたかい家族を築こうとしている姿がとても感動的ストーリーだと思いました。
IMG_1053a.jpg